横浜ベイサイドマリーナ|アウトレット建て替え

横浜ベイサイドマリーナ

2018年4月以降にアウトレット建て替え

2023年に店舗面積や店舗数をおよそ2倍で開業予定

横浜ベイサイドマリーナ地区(第1期地区)A街区・C街区・D街区は平成 30 年4月 以降の事業予定者を公募していましたが、三井不動産株式会社よりアウトレット施設開発 事業の提案があり、審査の結果、事業予定者に決定しました。

本提案は、横浜ベイサイドマリーナ地区の魅力の向上と賑わいの創出に貢献してきた同 社が、新しい海辺のライフスタイルを創出する内容となっており、横浜ベイサイドマリー ナ地区の魅力をさらに向上させることが期待されます。

横浜市は、所有する横浜ベイサイドマリーナ地区(第1期地区)の2018年4月以降の事業予定者が三井不動産に決まったと発表した。現在このエリアでアウトレット施設を運営する同社は23年、店舗面積や店舗数をおよそ2倍に増やし、賑わいを創出する大型施設に生まれ変わらせる予定。

市は同地区を事業用定期借地として同社に貸しているが、18年3月末に満期となるため次の事業者を昨年9月から公募。唯一応募があった同社の、海辺の新たなライフスタイルの創出やエリアの魅力向上させるような内容や事業計画などを審査し事業者に決定しました。

約3万2000平方メートルの土地を約52億円で売却。同社は現在のアウトレット施設を2階から3階建てに建て直し、80ある店舗数を150に、4500坪の店舗面積を8000坪へと拡大させる予定だ。さらに人々が集えるような中庭や、海辺の景観をいかしたカフェやレストランを充実させることで「1日中過ごせる場」として量と質両面をスケールアップさせた新施設を目指す。19年度に着工し、その4年後の開業に向け準備を進める方針。

市湾岸局の担当者は「店舗数などが増えることで集客力が高まり、街を訪れる人が増えれば」と期待する。「長い時間滞在できる場所になれば、買い物以外にも楽しみ方が広がる。賑わいを創出し地域活性化につながってほしい」と話していた。

 

1 事業予定者

東京都中央区日本橋室町二丁目 1 番 1 号

三井不動産株式会社

2 土地処分方法 土地売却

(売却価額 約 51 億 9,100 万円)

3 事業概要

現行のアウトレット施設を建て替えて3階建てにし、店舗数を現状の80 店舗から150 店舗、店舗面積を現状の 4,500 坪から 8,000 坪へと増やし、量・質両面のスケールアッ プを図ります。 あわせて、賑わいの場として活用する中庭、海辺のカフェやレストランを充実させ るなど、ショッピングだけではなく、1 日中過ごせる場所の創出を目指します。

4 施設概要

(1) 所 在 横浜市金沢区白帆2番2ほか

(2) 敷地面積 31,945.23 ㎡

(3) 延床面積 約 53,200 ㎡

(4) 主要用途 商業施設

5 今後のスケジュール(予定)

平成 30 年 1 月 土地売買契約締結 4 月 土地所有権移転

平成 31 年度 着工

平成 35 年度 竣工・オープン

<横浜ベイサイドマリーナ地区概略図>

2019年度に着工し、2023年度竣工・オープンの計画

現行のアウトレット施設を建て替えて3階建てにし、店舗数を80店舗から150店舗、店舗面積を現状の1.5万m2から2.6万m2へと増やし、量・質両面のスケールアップを図る。

賑わいの場として活用する中庭、海辺のカフェやレストランを充実させ、ショッピングだけでなく、1日中過ごせる場所の創出を目指す。

横浜ベイサイドマリーナ地区(第1期地区)A街区・C街区・D街区は2018年4月以降の事業予定者を公募していたが、三井不動産よりアウトレット施設開発事業の提案があり、審査の結果、事業予定者に決定した。

なお、三井不動産は該当地区3.2万m2を約51億9100万円で取得する。

<案内図>




イベントカレンダー











周辺地域の観光情報サイト










ページ上部へ戻る