運営者情報

はじめまして。

本サイトを運営している「ヤドカリ」(仮名)です。

本サイトは金沢区在住の筆者が、海と緑と空の自然に囲まれた素晴らしい金沢区を多くの方々に知っていただきたいと思い、個人運営によるブログサイトとして公開させていただきました。

筆者は金沢区に10年ほど在住していますが、元々は九州の片田舎出身です。大学進学とともに金沢区の住民となり、大学4年間を過ごさせていただきました。その後は社会人として金沢区を一度離れ、転勤などにより住まいを転々としましたが、結婚を期に子育てと人世の永住の地として、この素晴らしい金沢区へ戻ってまいりました。

今は都内でIT関連の会社に勤めさせていただいている普通の会社員で、二児の父でもありますが、金沢区の良さを一人でも多くの人に知ってもらいとの思いと、子供達が生まれ育った街を将来に渡って誇れるよな環境作りを目指していきたいとの思いで本サイトの立ち上げに至りました。

今後の日本は少子高齢化で人口が減り続けていきます。横浜市と言えでも金沢区も今後高齢化率が上がり続け、既に人口減少へと突入しています。この流れを止めることは非常に難しいですが、流れの速度を少しでも緩めることができるかもしれません。

個人の努力では限界もありますが、今後は首都圏でも地域間による住民、特に若者の獲得競争が激しく起きてくると予測しています。地域が活性化するためには、どうしても次の時代を担う若い世代が必要になります。若い世代が増え続けることによって世代間のバランスを保つことができ、自分たちの街を守り保ち続けることができると感じています。

筆者の実家の九州も、先行し高齢化と人口減少が極度に進んでいますが、若い世代が減った地方では、学校は閉校し続け、商店街などの商業活動は衰退し、病院・鉄道・バスなどの公的サービスも維持できず、住民は不便な生活を強いられています。

今の横浜市は、日本最大の人口都市として過疎や人口減少などの話は遠い未来の出来事で無縁のように思われがちですが、少子高齢化による影響は既に出始めています。また横浜市の中でも都内から遠く離れた地域は、地理的不利の影響を受け、既に人口減少が始まっています。金沢区も横浜市の中で最南端に位置し、他の区よりも人口減少が進みやすいと横浜市の統計では予測されているのです。

このような現実を見ると悲観的な未来が見えてきますが、筆者はだからこそ今頑張る必要性があると感じ、本サイトを立ち上げました。普段は冴えないサラリーマンとして過ごしている筆者ですが、たまたま仕事で身につけたIT関連の知識を活かし、本サイトの運営を通じて世間に知られていない金沢区の良さをアピールし続けて行ければと考えています。

この活動を続けることで、首都圏で住みたい憧れの街としての知名度を上げ、一人でも多くの方々が金沢区の新たな住民となり、また金沢区で生まれ育った子供たちも自慢できる街として将来に渡って住み続けることを理想としています。そうすることで人口減少による地域衰退を少しでも緩和し、海と緑と空の調和がとれた素晴らしい金沢区の生活環境を維持し、未来に渡って地域ブラランドを作り上げていければ幸いです。

生粋のハマっ子育ちでない筆者が、金沢区を語るのは痴がましと感じていますが、逆に外の世界も知っている分、金沢区の良さを多く知っている部分もあります。ただブログサイトを立ち上げたのは今回が初めてとなり、文章力のない筆者が書いた記事は非常にわかりにくく、読みにくいかも知れませんので、その点につきましては日々努力を続けてまいりますのでご了承下さい。

また本サイトを通じてご紹介したい金沢区の記事などございましたら、応募により公開させていただくことも歓迎してます。筆者一人で金沢区の全てをアピールしてくことは、やはり限界があると感じています。本サイトの目的が「金沢区のアピール」になるため、多くの方々のご支援をいただけると更に充実したサイトが出来上がり、幅広い方々に記事を読まれることが可能となります。筆者の独り善がりのサイトではなく、地域の方々と一緒になってサイト運営を続けていけることを理想としていますので、ご支援とご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

 

【サイトの運営費用について】

本サイトは個人のブログサイト形式で運営を行なっておりますが、サイト運営を続ける上でサーバ費用、回線費用、ドメイン費用など一定の経費がかかっております。そのため、経費の自己回収を目指し、サイト内に一定の広告を掲載させていただきます。掲載する広告につきましては、サイトのイメージを壊さないよう調和の取れた広告媒体を選び、また利用者にとっても有益な広告を掲載していく予定ですので、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

 
 

イベントカレンダー






周辺地域の観光情報サイト










assembled by まめわざ
ページ上部へ戻る