三丘翔太「面影今いずこ」

金沢区出身の三丘翔太

三年目三枚目のシングル:面影今いずこ

2018/4/3 リリース

横浜市金沢区の平潟町でカラオケ喫茶を営む祖父母の影響で演歌に興味を持ち始める。

初めて歌った演歌は大泉逸郎さんの「孫」(小学1年生時)。

高校1年生で出場したNHKのど自慢(神奈川県横浜市)で北島三郎さんの「北の漁場」を歌唱しチャンピオンへ。

その後、横浜で行われたカラオケ大会に出場した際、審査員だった作曲家・水森英夫氏にスカウトされ師事。

2015年 BS朝日「日本の名曲 人生、歌がある」に司会の五木ひろしさんの推薦で2度出演し 「別れの波止場(春日八郎)」「お月さん今晩わ(藤島恒夫)」を歌唱。

大きな反響を受け2016年1月20日「星影の里」でテイチクレコードからデビュー。

2017年3月22日、2ndシングル「虹色の雨」発売。

同年10月、今後の活躍が期待される新人に贈られる「日本作曲家協会 奨励賞」を受賞。

歌謡曲のレパートリーは1000曲を超え、既に懐メロのカバーアルバム「翔太のお品書き」を2枚発売している。

そして2018年4月3日に三年目三枚目のシングルとなる「面影今いずこ」をリリース。

商品データ

  • TECA-13836 / 定価:¥1,204+税 / シングルCD
  • TESA-13836 / 定価:¥1,204+税 / シングルカセット

収録内容

  1. 面影今いずこ
  2. 菜の花通り
  3. 面影今いずこ(オリジナル・カラオケ)
  4. 面影今いずこ(メロ入りカラオケ)
  5. 菜の花通り(オリジナル・カラオケ)

本名 三岡翔太(みつおか しょうた)
生年月日 1993年11月30日
血液型 A型
出身地 静岡県藤枝市出身 / 神奈川県横浜市育ち
好きな歌手 五木ひろし / 天童よしみ
特技 チューバ / コントラバス(中学高校吹奏楽部)
趣味 蝶ネクタイ集め



イベントカレンダー






周辺地域の観光情報サイト










ページ上部へ戻る